ムアンゲーオ ゴルフ コース

Muang Kaew Golf Course バンコク近郊(南部)
  • Muang Kaew Golf Course
  • Muang Kaew Golf Course

フラットなコースで傾斜のあるグリーンと随所にある池、バンカーによりチャレンジングなコースとなっています。ほとんどのグリーンは砲台となっており、グリーンを外した時は、深いバンカーに捕まるか、アプローチが難しくなるかでパーセーブは困難になります。各ホールをセパレートしている木々が小さく、かつ少ないため、ティショットでプレッシャーを与えないのがやや欠点といえます。しかし、各ホールとも長短取り混ぜた設計でプレーヤーを飽きさせないコースに仕上がっています。タイの平均的なグリーンと比べ、グリーンが速いのが特徴です。

データ

所在地MAPで確認
コース長7,015ヤード
コースレート73.9(White)
設計者Lee Schmidt Brian Curley (redesign)
オープン1993年
キャディあり
ゴルフカートあり(フェアウェイ乗り入れ可)
ドライビングレンジあり

評価

総合評価4 ★★★★☆
レイアウト4 ★★★★☆
難易度4 ★★★★☆
グリーンコンディション4 ★★★★☆
フェアウェイコンディション4 ★★★★☆
造形美・景観4 ★★★★☆

コース紹介

  • Muang Kaew Golf Course

あまり距離がない池越えのショートホール。しかし、グリーン手前は池とバンカー、奥はバンカーが待ち構えています。また、グリーンは横に細長くその縦幅は20ヤードしかないため、スピンが効いたハイボールで攻めたいホールです。

  • Muang Kaew Golf Course
  • Muang Kaew Golf Course
  • Muang Kaew Golf Course

フェアウェイ左サイドは池に面し、その池がグリーン手前50~60ヤードのフェアウェイを横切ります。そのため、ロングヒッターでも簡単に2オンさせてくれません。グリーンは非常に美しく、少し砲台で傾斜があります。

  • Muang Kaew Golf Course

池越えの美しいショートホール。短いですがグリーン手前まで池が迫っているため、難易度は低くありません。

  • Muang Kaew Golf Course

右ドッグ。フェアウェイ右サイドは池に面しています。グリーンは砲台でバンカーによりしっかりガードされています。

  • Muang Kaew Golf Course

レイアウトが素晴らしく、距離も十分あるロングホール。1打目は急な右ドッグで、2打目からは左ドッグとなります。2打目はフェアウェイ左にある池が効いてきます。大きなグリーンの左全体に深いバンカーが配されており、このバンカーに入れるとパーセーブが難しくなります。ティショットはブラインドとなり、どこに打てばよいか分からないのが欠点です。砲台ティにすることで解決され、素晴らしいレイアウトのホール全体を望むことができるようになるでしょう。

  • Muang Kaew Golf Course
  • Muang Kaew Golf Course

非常に距離の長いミドルホール。ティショットはできるだけ飛ばし、距離を稼ぐのが良策です。セカンドはロングアイアンかフェアウェイウッドで打つこととなりますが、グリーン右には深いバンカー、左手前には池が配されているため、正確なショットが要求されます。

  • Muang Kaew Golf Course
  • Muang Kaew Golf Course

非常に短いパー4。250~280ヤード飛べば、グリーン手前に連座しているバンカーに捕まります。これらのバンカーにさえ入れなければバーディのチャンスが出てきます。ティからホール全体を見渡せる美しいホールとなっています。

  • Muang Kaew Golf Course

グリーンをガードしているバンカーと独特な形状のグリーンが相まって、印象的なショートホールとなっています。

豆知識

バンコク都心から車で30分の至近距離に位置します。

本コースを共同設計したリー・シュミットは、ピート・ダイのアシスタントを7年間務め、その後ジャック・ニクラウスとパートナーを組みました。

リー・シュミット、ブライアン・カリーとジャック・ニクラウスによる設計コースは、中国ではスプリングシティ(春城)G&LR・マウンテンコース、中山温泉GC・ジャック・ニクラウスコース、日本では石岡GC、六甲国際GC(再設計)、ザ・トラディションGC、プレジデントGC、ニューキャピタルGG、山陽GC(再設計)、サン・ベルグラビアCC、ベアパウズジャパンCC、マレーシアではスンガイロングCC、タイ王国ではスプリングフィールド・ロイヤルCCがあります。また、世界最大のゴルフ場で、10コースを有するミッションヒルズのうち、ファルドコース、尾崎コースをはじめ、8コースを共同設計しています。

リー・シュミット、ブライアン・カリーによる設計コースは、タイ王国では他にも、アマタスプリングCC、ロイヤル・バンパイン、チェンマイ・ハイランズG&SRがある、サイアムCC・オールドコース(再設計)、プランテーションコースがあります。

お問い合わせをする ゴルフ場データの掲載に関しては、KIMI GOLF様のご協力をいただいております。