ブラック マウンテン ゴルフ クラブ

Black Mountain Golf Club ホアヒン
  • Black Mountain Golf Club
  • Black Mountain Golf Club
  • Black Mountain Golf Club
  • Black Mountain Golf Club

「ブラックマウンテン」の名の通り、黒く大きな岩肌を見せる小高い山々の間に展開する、砂漠の様相を呈する高低差の大きなバレーコース。要所にウォーターハザードとバンカーが戦略的に配され、非常にチャレンジングなコースに仕上がっています。フェアウェイ幅に工夫が施され、アベレージヒッターには広いですが、ティショットが飛ぶほどフェアウェイ幅が狭くなるため、ロングヒッターには難しくなっています。グリーンは大きく、そのほとんどは受けています。

データ

所在地MAPで確認
コース長7,351ヤード
コースレート75.0(White)
設計者Phil Ryan (Pacific Coast Design)
オープン2007年
キャディあり
ゴルフカートあり(フェアウェイ乗り入れ可)
ドライビングレンジあり

評価

総合評価4.55 ★★★★☆
レイアウト4 ★★★★☆
難易度5 ★★★★★
グリーンコンディション5 ★★★★★
フェアウェイコンディション5 ★★★★★
造形美・景観5 ★★★★★

コース紹介

  • Black Mountain Golf Club
  • Black Mountain Golf Club
  • Black Mountain Golf Club

ほぼストレートなロングホール。ティショットでは260ヤード先の右の池に注意が必要です。クリークがグリーンの50ヤードほど手前を横切り、そこからグリーンは右に振られています。ロングヒッターは、クリークの手前に刻むか、クリーク越えに挑むかの選択に迫られます。

  • Black Mountain Golf Club

打ち下ろしの左ドッグレッグホール。打ち下ろしのため、ティから池までは280ヤードで届き、ロングヒッターはドライバーを使えません。セカンドショットはアイランドグリーンに打っていきます。グリーン両側はバンカーでガードされています。

  • Black Mountain Golf Club
  • Black Mountain Golf Club

ティからグリーンまで打ち下ろしていくロングホール。最初にやや右ドッグレッグしてから左ドッグレッグとなります。ロングヒッターはセカンドで池越えを狙うか、右側の安全ルートを選択するかの決断に迫られます。グリーンは縦に長く、受けています。

  • Black Mountain Golf Club
  • Black Mountain Golf Club

強い右ドッグレッグの非常に長いミドルホール。池越えには260ヤードのキャリーボールが必要です。安全に攻めるには池の左サイドのフェアウェイを狙いますが、セカンドショットでの距離がとても長くなり難しくなります。セカンドショットは少し打ち上げです。グリーンは縦長で少し受けており、左のガードバンカーがよく効いています。

  • Black Mountain Golf Club

池越えの美しいショートホール。強い受けグリーンの手前は大きなバンカーでガードされています。

  • Black Mountain Golf Club
  • Black Mountain Golf Club
  • Black Mountain Golf Club

少し打ち下ろしていく距離の長い名物ショートホール。グリーンの左サイド以外の3方を池に囲まれており、グリーンは縦に長い2段のため非常にチャレンジングなホールとなっています。グリーン横には美しい滝が流れています。

  • Black Mountain Golf Club
  • Black Mountain Golf Club

山に向かって打っていく打ち上げのストレートホール。表示距離よりも実際は長くなっています。ティショットでのフェアウェイは広いため、ドライバーショットをしっかり打てば距離をかせげます。セカンドショットは難しく距離と正確性が要求されます。また1番手大きいクラブ選択しなければグリーンには届かない可能性もあります。グリーンの左はバンカー、右は傾斜でガードされています。

    正面に山を見据えた大きな池越えのショートホール。グリーン左半分は長いバンカーでガードされています。強い受けグリーンで、ピンが左奥に切られている場合はかなり難しくなります。

    豆知識

    • Black Mountain Golf Club
    • Black Mountain Golf Club

    ホアヒン中心部から車で20分。レストランからはコースの大部分を見渡せます。サウナとマッサージもあり、クラブハウスはホテルのような重厚感があります。

    7351ヤードの黒ティは通常はプロのみ使用可能ですが、ハンディ5以下の場合はスターターに言えば特別にプレーできます。6894ヤードの金ティはハンディ9まで、6508ヤードの青ティはハンディ18まで可能、他は6100ヤードの白ティからのプレーになります。

    トップ100ゴルフコース・オブ・ザワールド(top100golfcourses.co.uk)による、2015年度のタイ王国でのランキングにおいて、ベスト40コース中第7位に選ばれています。2015年時点で、タイ王国にあるゴルフコースの数は約270です。

    ゴルフ雑誌Asian Golf Monthlyの2007年のアジア・パシフィックでのベストニュー(新設)ゴルフコースの投票で1位に選ばれています。

    パシフック・コースト・デザイン社はオーストラリアの会社で、その代表のフィル・ライアンによる設計コースは、アジアでは他にも、中国の天馬郷村CC、海寧尖山(レイクヒル)GC・フェニックスコース、マレーシアのパールアイランドG&CC、ベトナムのキングスアイランドGC・マウンテンビューコースなどがあります。

    お問い合わせをする ゴルフ場データの掲載に関しては、KIMI GOLF様のご協力をいただいております。